いもうと
1977年7月号 小学3年生の学年誌に掲載れた
短い・短い物語

一度読むと・・・強烈なほど心の中に残ってしまう不思議な物語
忘れることのできないそんな作品です。

短い物語なのに、静かにゆっくりと涙が流れてきます。
こんなことってあるんだと!
深く心の中に沁み込んで、また深く余韻が残る作品です。

上原先生って♪本当に凄い
ロリィに負けないくらい、忘れられない作品と当時思いました。

それが、サイトを運営するのに、作品を調べてまた、びっくり!
この作品小学生向けだったんだわ~と!

もちろん・・・萌花は、中学生なので
小学生向け雑誌に掲載された作品とは、出会うはずがないね。

でも、「カプリの真珠」が、連載から2年たって
1977年に単価本が発売になり、
その4巻に掲載されました。

7月に発表されて、12月に単価本に載っていたので
ちゃんと・・・先生は、少コミファンの私たちにも読めるようにしてくれたんですね。

小学校3年生だけでは、もったいない作品です。

この「カプリの真珠」だけは、出版先が違っていたので
手元にある人も少ないし・・・今でもなかなか手に入らない単価本ですね。

カプリのコナーでゆっくりと語りたいです。
なぜフラワーコミック・小学館ではなかったのか!

そんな「いもうと」
ご存知方は、少ないかと思っていたら・・・
ドキドキ大萌花と同じように、忘れられない作品だと・・・

萌花のお楽しみアンケート
70年代★短編作品★もっとも心に残った作品は?~★
・・・・左ポチまってます♪

で・・・19作品の中から、「いもうと」を選び
メッセージを残してくれたファンの方がいました拍手

seriさん
8歳位に学年誌で読みました。運命のいたずらによる離別と再会がずっと心深く刻まれています。

manaryouさん
ずっとタイトルしか分からず、30年近く探していました。今までで一番印象に残ったまんがでした。今日はじめて、上原先生の作品だということがわかり、早速投票させていただきました。またぜひ読みたいです。

コメントありがとう。萌花は、同じように作品を愛している人に出会って
うれしいです。サイト運営しててよかったと、励みもなります。

もし、探している方がいれば、少しでもお役にたちたいなぁー。

「いもうと」

1977年7月号 小学3年生 掲載

・・・出版単価本は・・・
小学館 フラワーコミック キラキラ「舞子の詩」 7巻

スタジオシップ シップポケットコミックキラキラ「カプリの真珠」 4巻


文庫で復刊されるといいですね。

サボテンあらすじ・・・

主人公は、かわいいあみちゃん4歳
大好きなおねちゃんとかくれんぼ
トラックの荷台にかくれてあみちゃんは・・・それっきり
家族に会えません。
あみちゃんが3年生の時に・・・
修学旅行にきたおねえちゃんに・・・「写真とって」と声をかけますが・・・・

二人は、姉妹として、再会できるのでしょうか。
その再会は、とてもとても心に残る忘れられない物語です。
ぜひ、ファンの方に読んでもらいたい作品です。

萌花は、原画〔ダッシュ〕展 2004年 8/26~9/6 新宿紀伊国屋で
おこなわれたある原画を見たときに・・・

先生・幼稚園雑誌にも掲載♪
「いもうと」 のこともあるし・・・・その漫画がきになってしかたがありません。

だれか、
1985年 幼稚園1月号 に掲載された「雪おんな
ご存知の方しりませんか。
また、素敵な作品かと思うと・・・読みたい~★
大人になっている萌花は、幼稚園誌なんて・・・見るはずないもん・・・悲しい

その原画にはね1985年 11/24製作とサインされてました。
のんこさん♪に聞いてみようかなぁ~・・・・・