7月になります(^^♪
梅雨が明けて・・・眩しい太陽がぎらぎら照り輝くと
ふと。ジョーを思い出します。

琴音さんは、梅雨があけるとジョーの季節がやってきたなと
思うそーうですハート

情熱的で、いつも何かへ立ち向かっている人
そして、広い世界へ飛び出したい
空高くジャンプしているそんなイメージです。

昔、だれだったか・・・・ジョーは上原先生自身だと思うとコメントくださった方がいらっしゃいましたが、
実に鋭い感想で、この方は、凄い上原先生のファンだと実感しました。
もし、こちらにも、遊びにいらしていたら、
また、コメントくださいね(^^♪

広い世界へ飛び出したいといつもジョーが言っていた言葉は、
上原先生自身の言葉ではないかとびっくり

そのために、情熱的で、困難立ち向かう、けして逃げるようことはしなかった
ジョーは、先生のそのものだと・・・

大人になって、今ジョーを読み返してみると
前向きな人で、けしてあきらめないことが勇気をもらえますね。

クレオは、おいといて・・・レドとジョーどちらが
我慢強いのかなぁー。
決して、ロッティを好きだという気持を見せずに、友だちとして見守る
ジョーと
自分を愛している亜樹を女王として生きるために、その愛を我慢して
導いていくレドと

萌花は、子供の頃から、ジョーを見るととどきどき緊張してしまいます。
クレオに対して、多少の文句があり
ロベールに対しては、一晩で終わらないほどあり
レドに対しては、イライラしたこもある。

しかし、ジョーにだけは、何もないのです。
とにかく大人って言うイメージでした。
尊敬のまなざしでした。

さぁ~ジョーファンの方集まってくださいね。
のんこさんも、復帰して、また、みんなでわいわい楽しくやりましょうね。

コメントまってますドキドキ大